QA

その他のルール

・〔継承〕
・〔POP〕と〔EPIC〕
・改変
・使用コストが△のカード
・〔強引〕
・〔我慢〕
・〔突破30〕
・〔自由登場〕
・〔EXカード〕
・〔レベルアップ〕
・紫のカード

〔継承〕


 
〔継承〕▶「A」:このカードがアプローチするごとに、自分の「A」1枚の上に+10/+10コインを1個乗せることができる。

〔POP〕と〔EPIC〕


 
カードを〔POP〕する:カードを裏向きでサポートエリアに置く。
〔EPIC〕する:裏向きでサポートエリアに置かれたキャラ1枚を、コストを支払わずに、メインエリアまたはサポートエリアに登場させる。

※ゲーム中、自分は、〔POP〕された自分のカードを見ることができます。
※〔POP〕されたカードに順番はなく、自由に並び替えることができます。
※〔POP〕された紫のカードを、〔EPIC〕で登場させることができます。

改変

改変を行う:デッキの上のカード1枚をゲームから取り除く。

使用コストが△のカード

使用コストが△のカードは、通常のカードでは△コストを支払えないため、プレイできません。
他のカードの効果でセットすることができます。


※使用コストが△のカードは、使用コストが0としては扱いません。「△」という値が使用コストになります。

〔強引〕


退場判定を行った相手のキャラを 強引 に退場させます!
(APが10以上の〔強引〕を持つキャラと退場判定を行う相手のキャラは、退場する。)

※〔強引〕を持つキャラのAPが10より小さい場合、通常の退場判定になります。

〔我慢〕

退場判定で退場してしまう際に 我慢 して場に残ることができます!
(DPが10以上の〔我慢〕を持つキャラは、退場しない。)

※DPが10以上の〔我慢〕を持つキャラは、〔強引〕の効果でも退場しません。
※〔我慢〕を持つキャラのDPが10より小さい場合、通常の退場判定になります。

〔突破30〕

妨害している相手のキャラを 突破 してポイントを与えることができます!
(〔突破30〕を持つキャラのアプローチで、そのカードのAPがそのカードを妨害している相手のキャラのDPより30以上高い状態で退場判定を行う場合、妨害されなかったかのようにポイントを与える。)
※「アプローチでポイントを与えた場合」の効果は、〔突破30〕によってポイントを与えた場合も適用されます。
※〔我慢〕を持つキャラに妨害された場合も、自分のAPが相手のDPより30以上高ければ、ポイントを与えます。(相手のキャラは〔我慢〕により退場しません)
※カードの効果による退場判定の場合、〔突破30〕によってポイントを与えることはできません。

〔自由登場〕

アプローチ中でも相手のターン中でも 自由に登場 させることができます!
(〔自由登場〕を持つキャラは、自分のメインフェイズ以外でも登場できる。)

〔EXカード〕

〔EXカード〕とは?

〔EXカード〕は、通常のデッキに入れることができない、特別なカードです。

〔EXカード〕の基本ルール

・〔EXカード〕は、通常のデッキに入れることができません。
・〔EXカード〕は、EXデッキにのみ入れることができます。

EXデッキを作る際のルール

・EXデッキは、通常のデッキとは別に用意します。
・EXデッキは、〔EXカード〕のみを入れることができます。
・EXデッキは、0~15枚のカードで作ります。
・EXデッキのスリーブと通常のデッキのスリーブを別の絵柄にすることができます。(2018年3月10日 ルール変更)
・その他のルールは通常のデッキを作る際と同じです。(枚数制限や作品制限など)

EXデッキのゲーム中のルール

・ゲーム中、EXデッキは、通常のデッキと区別して置きます。
・自分は、自分のEXデッキの中身を見ることができます。
・EXデッキの順番は自由に並び替えることができます。
・その他のルールは通常のデッキと同じです。(EXデッキの枚数も公開情報です)

〔EXカード〕のゲーム中のルール

・〔EXカード〕は、手札に入れた後も公開情報となります。(2018年3月10日 ルール変更)
・相手の手札の〔EXカード〕の中身を確認することができます。(2018年3月10日 ルール変更)
・〔EXカード〕がメインデッキに移動する(戻る)場合、ゲームから取り除きます。(2018年3月10日 ルール変更)
(手札、場、捨て札置き場、ポイント置き場、EXデッキに移動する場合、通常通り移動します。)

補足

「カードを2枚引く。その後、手札2枚を任意の順番でデッキの上に移す。」という効果を処理する場合、
手札にある〔EXカード〕をデッキの上に移すことはできますが、直後にゲームから取り除きます。

「自分の捨て札置き場にあるキャラ4枚を任意の順番でデッキの下に移す。その場合、自分のキャラ1枚を活動状態にできる。」
という効果を処理する場合、捨て札置き場にある〔EXカード〕(キャラ)をデッキの下に移すことはできますが、直後にゲームから取り除きます。
〔EXカード〕(キャラ)を戻した場合も、自分のキャラ1枚を活動状態にできます。

〔レベルアップ〕

〔レベルアップ〕とは?

自分の場に出ているキャラの上に、手札から〔レベルアップ〕を持つ同じ名称のキャラを重ねることで、キャラを強化できるルールです。

 

「レベルアップする」方法とルール

・手札にある〔レベルアップ〕を持つキャラを、自分の場にいるそのカードと同じ名前のキャラの上に重ねます。これを「レベルアップする」といいます。
・自分のメインフェイズの間、自分が優先権を持っているタイミングで「レベルアップする」ことができます。
・「レベルアップする」際、そのキャラの、そのターン最初のレベルアップであれば、コストを支払う必要はありません。
・「レベルアップする」際、そのキャラの、そのターン2回目以降のレベルアップであれば、使用コストを支払う必要があります。
・カードの効果によるレベルアップは、そのキャラの、そのターン2回目以降のレベルアップであっても、コストを支払う必要はありません。
 

〔レベルアップ〕の効果

・〔レベルアップ〕を持つキャラは、下に重なっているキャラ1枚につき、使用コスト+1、+10/+10を得ます。
・〔レベルアップ〕を持つキャラは、下に重なっているキャラ1枚につき、レベルが1上昇します。
(1枚重なっていれば《LV2》使用コスト+1、+10/+10、2枚重なっていれば《LV3》使用コスト+2、+20/+20
・レベルにより有効になるテキストがあります。

・〔レベルアップ〕を持つキャラが場から離れる場合、下に重なっているキャラも全て同じ場所に移ります。
 

レベルアップの制限

・レベルアップは、本来の名称が同じキャラのみ行えます。
・自分の場にいるキャラと同じキャラ(作品とカードナンバーが同じキャラ)にレベルアップできません。
・〔コンビ〕を持つキャラはレベルアップできません。
 

レベルアップについてのQ&A

Q:キャラがレベルアップした場合、キャラが登場したことになりますか?
A:いいえ、なりません。レベルアップはキャラの登場ではありません。
 
Q:「ターン終了時まで〔アクティブ〕、+10/+10を得る。」の効果を受けているキャラがレベルアップした場合、その効果は引き継ぎますか?
A:はい、引き継ぎます。
 
Q:休息状態のキャラがレベルアップした場合、活動状態になりますか?
A:いいえ、なりません。活動状態や休息状態などの情報はそのまま引き継ぎます。
 
Q:このターンに登場したキャラがレベルアップした場合、このターンにアプローチできますか?
A:いいえ、できません。「このターンの間に登場した」情報はそのまま引き継ぎます。
 
Q:〔レベルアップ〕を持つキャラが退場した場合、下に重なっているキャラはどうなりますか?
A:下に重なっているキャラ全てを捨て札置き場に置きます。
 
Q:〔レベルアップ〕を持つキャラがカードの効果で手札に戻る場合、下に重なっているキャラはどうなりますか?
A:下に重なっているキャラ全てを手札に戻します。
 
Q:〔レベルアップ〕を持つキャラがカードの効果で〔レベルアップ〕を失った場合、下に重なっているキャラはどうなりますか?
A:下に重なったままになります。ただし〔レベルアップ〕の効果である「使用コスト+1、+10/+10」を得ることはできません。
 
Q:自分の01-021「クローディア・エンフィールド」が場にいる状態で、他の自分の「クローディア・エンフィールド」から01-021「クローディア・エンフィールド」にレベルアップできますか?
A:いいえ、できません。自分の場にいるキャラと同じキャラにレベルアップできません。
 
Q:自分の01-021「クローディア・エンフィールド」から01-021「クローディア・エンフィールド」にレベルアップできますか?
A:いいえ、できません。自分の場にいるキャラと同じキャラにレベルアップできません。
 
Q:自分の01-020「クローディア・エンフィールド」の下に01-021「クローディア・エンフィールド」が重なっています。このキャラから01-021「クローディア・エンフィールド」にレベルアップできますか?
A:はい、できます。キャラの下に重なっているキャラは「場にいる」とは扱いません。
 
Q:〔レベルアップ〕を持たないキャラは《LV1》ですか?
A:いいえ、《LV》という情報を持たないキャラです。
 

紫のカード

紫のカードは、赤、青、黄、緑のカードとは異なり、特別なルールを守る必要があります。

 

<特別ルール1>

紫のカードをプレイする際、以下のいずれか1つの条件を満たしてコストを支払う必要があります。

  • プレイするカードと同じ作品の紫を含んでコストを支払う。
  • プレイするカードと同じ作品の赤、青、黄、緑の4色を含んでコストを支払う。
  • プレイするカードと同じ作品の同じ名称のカードのみでコストを支払う。

<特別ルール2>

紫のカードは、自分のカードの効果で場に出すことができません。
自分のカードの効果で登場させることや、プレイすることは可能です。